楽じゃないけど、楽しい人生を!

〜とある30歳の成長日記〜

インフルエンザに

会社の人がインフルエンザにかかった、とのこと。日曜日や月曜日も同じ空間にいたからもしかしたら菌を持ってるかも…。

R1、ご飯をたくさん食べる、葛根湯、手洗いうがい、睡眠。

特に手洗いは重要、とのこと。どこかに触った拍子で菌をもらってそのまま手洗いせずにお菓子とか食べたらそのまま口の中へ菌が…。そこから感染する。

 

みんな気を付けよう!

 

帰宅したら手洗い。会社に着いたら手洗い。

 

 

さて、今日は自分の技術力及び自信のなさに悔いが残る1日でした。

担当している仕事がお客様に渡せるような最低限のクオリティになってきたので、納期が迫っているプロジェクトの手伝いを…と思ったが、この短い納期で経験が浅いPHPWordPressで製品を作ることに自信を持てず…それを伝えたらいまの仕事をよりしっかり仕上げてください、とのこと。

仕事を頼む側からしたらそうですよね。納期迫ってるのに経験が浅い人に任せるほど余裕はないのが手にとるように伝わってくるもの。

 

1ヶ月JavaScriptやり続けて、やっと大枠が少し見えてきたぐらいやのに。自分にもっとPHPでの開発経験があれば自信持って

「はい、やらせてください!」

って言えたんだろうな…と。

焦るな、急げ。みんなの力になりたいけども、焦って手を差し伸べたら逆に迷惑になってしまう。

年末年始で少し自信をつけられるように勉強、個人開発しよう。と思わせられた1日でした。

 

とりあえずいまは目の前の仕事を期待されている以上のものにしあげる!

目の前のものをなぎ倒して行こ!!!

 

 

ということでみなさんもインフルエンザにかからないよう、心身の体調管理に気を付けていきましょ^ ^

おやすみなさい…zZZ

 

 

入社して1ヶ月と少しが経ちました。

 お久しぶりです。

 11月から入社して1ヶ月と少し経ちました。スタートアップの会社ということもあり、規模が小さく、俗に言う「一人当たりの仕事の裁量が多い」を経験しています。

ということで、ざっくり近況報告しますね!

 

いま、楽しいか?

 楽しいです。笑

 仕事の内容だけじゃなく、会社のメンバーみんな個性的で面白い。共感能力がみんな高い。厳しさもある優しさを感じられる。尊敬する人達がたくさんいる。基本的に何事に対しても前向きな人が多くて活気がある!

 

どんな会社に入社したか。

 東京で「AIを作っている会社」でWebエンジニアとして働いています。全社員は15人弱のスタートアップの企業。

 使用している言語はいまはJavaScriptPHPWordPress

 いまの仕事は既にあるWebページの機能追加、修正。プログラミング以外の些細な仕事も自分からもっと取りに行きたい。

 

スクールで学んだことは役に立っているか?

 7ー10月に通ったスクールで学んだことは、とても役に立っています。Rubyrailsは使わないものの、コードを書く時のロジックの考え方やものづくりの順序や通信回線、やり取りの基本など。

 もっとここを学べばよかった…と感じるのはSQL周り。素のSQL文をもっと書いて慣れたかった。D.B.からデータを取り出すときの基本はSQL文。これを理解して置いた方がフレームワークなどの理解も速まるし深まりやすい。

 

入社前後で変わったことは?

 自分のキャリアプランの考えた方が変わりました。

 この会社と出会うまでは

 「汎用性の高いプログラミングの技術を習得して自分の市場価値を高めて、将来は好きな場所で好きなようにフリーランスで働けるようになりたい!」

って感じてた。

 でもいまの会社の社長と面談で話して

 「この会社の未来を共につくりたい、見届け続けたい。この会社が成し遂げようとしていることが本当に実現したらとても面白い、わくわくする!」

 という感情が芽生えた。こんな夢のある会社に出会えるとは思ってなかったからなおさら感動が大きかった。そう、すっかり会社のファンになってしまった。だから将来フリーランスになりたいとはいまは思わなくなった。

 また、「いまはエンジニアをやっているけれど将来的には〇〇になってもらうつもりです。」と言われた時はとてもわくわくした。

 エンジニアになるだけではなく、その先のキャリアとしてそういう道もあるのか。その道も学ぶことができるのか、と。

 

良いことばかりなの?

 人によって異なるからなんとも言えない。働く時間は朝が遅く、夜も遅い。周りが困っていたら手を差し出すのを厭わない。仕事だけじゃなくいろんな面でも自走力、自発性が求められる。技術力だけではなく人間力も鍛えられる。そんな働き方や職場が苦じゃない人はとても楽しいと思う。それ以外の人は少し辛いかもしれない。なお、「自分の仕事の技術不足を痛感している」は言うまでもなく感じている。

 もちろん楽しいことばかりじゃなくて大変な時もあるけど、いまの僕にとってはとてもやりがいがあり面白く充実した毎日を過ごせています。

 そんな会社や会社メンバー…そして支えてくれてる彼女に感謝、いつもありがとう。

 …なんか恥ずかしいな。笑

 

 ということで僕は元気に楽しく働いてます!

 

 近況報告はこんな感じ。他にも聞きたいことがもしあれば、なんでもどうぞ!笑

 

 明日も充実した1日にしましょ^o^

 おやすみなさい…zZZ

2回目の転職採用面接(転職活動終了?)

 こんばんは。転職活動が終了したかどうか怪しい状況の者です。

 ベンチャーの人達の感覚ってこんな感じなのか?柔軟性、スピードが早い。いろんな意味で心配になってしまう。

 

1.簡単日記

 今日はあるベンチャー企業様とカジュアル面談。「世界初のものを作る」をいうビジョンに惹かれ面白そうだと感じて、働くならこういう企業で働いてみたいな〜っていう漠然とした状態でした。

 そんな企業にWantedly経由で応募したらカジュアル面談してもらうことになった。CEOの方と広報の方の二人と。何気ない雑談から会社が扱っているAIの未来や会社の未来等をたくさんお聞きしました。そして面談の結論から言うと、11月1日から会社に来て働いてほしい、とのこと。

 

…え?

こんなことある?

 

11月1日って明々後日やん。

受け入れ体制とか大丈夫なん?

え?

どういうこと?

 

カジュアル面談の後半、ずっと面食らってた。

だんだんその雰囲気にも慣れてきて

ベンチャーって柔軟性があったり、スピード感があるって言ってたけどこんな感じなのか」

って納得し始める自分もいて少し怖かった。

まだ正式にメールや連絡が来てないから、正直に言うとまだ信じられない。

明日になったらちゃんとした内容の連絡来るかな …?そしたら安心するんやけども…。

 

2.今日の学び

 ベンチャーは柔軟性とスピード感がある。バイトを雇う感覚。バイトなんやろな。話聞いてる限りそうやろうな。

 

3.明日やりたいこと

 PHPワードプレスについて。明日はPHPを中心にこれがどんな特徴を持っていてどんなことができるのかを手を動かしながら学んでいきたいと思います。

 

4.終わりに

 いま、人生の大きな一歩を踏み出してしまった…かもしれない。

 

はじめての転職採用面接

特につまるところなく答えられたと思う。

主に聞かれたのは

  • 自己紹介(経歴より人間性重視)
  • 在職中のプログラミング学習について
  • 通ったスクールの場所(福岡校)について
  • なんで東京?
  • アプリを作るとしたらどんなものをつくりたいか
  • Java,PHPの開発経験の有無
  • 趣味は何か
  • プログラミングを学習した感想
  • 大学での研究内容について
  • 前職の退職理由
  • 仕事をやる上で譲れない3つの条件は?
  • 自分にとっての仕事のやりがいとは何か?

など。

 

社長さんと30分弱ぐらい事業についてお話ししてもらって、その後に人事の方2人と面談。

特につまることなく普通にお喋りしてたら終わった。適正試験があるって書いてあったけど特になかった。あの表記はなんやったんやろ…?

 

なんにしろ、いろんな意味で有意義な時間を過ごせた。今後の課題も見えたので収穫があってよかった!次回の面接、明日の面接に活かそう!

転職活動報告 No.0

 こんばんは。お久しぶりです。

 スクールを卒業して約23日。絶賛転職活動中でございます。今日から1日1社の面接ラッシュでございます。果たしてどうなるのか…。

 一日を振り返るために日記を習慣付けようと思います。以前みたいに一日の日記と学んだことと明日やりたいこと。読者の方がいたらその人のことを考えて為になることを中心に書きたいのですが…基本的には自分の日記となりそうです。笑

 

 

1.簡単日記

 一昨日、大阪でライブがあってみんなで揃って歌えてめちゃめちゃ楽しかった!打ち上げもいろんな方と交流して、話せて、また人脈が広がってとても有意義な時間でした。呼んでくれて本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

 今日は朝、三重県の実家から東京への移動日。移動中は明日からの面接準備をしていました。会社の志望動機を考えたり、靴下や靴、履歴書や職務経歴書を準備したり…諸々!

 バス移動は時間がある時は安くて良いですね。夜行バスはさすがに体が堪えるけども、昼のバスは結構好きかも。節約にもなるから今後も使っていこう。

2.今日の学び

 今日の面接準備。

3.明日やりたいこと

 火曜日以降の企業研究、面接対策、開発、勉強、自己分析

4.終わりに

 簡単日記。これから続けることを意識して、クオリティやハードルを下げてでも続けたいと思います。

チーム開発3週間目終了(プログラミングスクール)

 現在、某プログラミングスクールに通っています。卒業予定は10月4日。あと1週間になりました。いまは最終課題のチーム開発を進めています。そこで3週間経って気付いたことや感じたことを残せていけたらと思いこの記事を書き始めました。簡単ですが、これからここに通い始める未来の誰かの参考になれば良いな。

 チーム開発1週間目に感じたことは前回の記事を参照ください。

 

showgogogo.hatenablog.com

 

 今回は2,3週を通じて感じたことを書いていきます。この2週間を一言で表すと

「チームプレーと目的意識は大切」

ということ。細分化して、大切だと感じたことは主に下記。

 

 

メンバーに頼る

 仕事をやる上…生きていくうえでも当たり前のことですね。わからないことがあれば自分で解決したい。それを乗り越えてこそ成長していくものだ。そう考え行動して繰り返すことで人間は成長できるんだと信じています。しかし、仕事を始めとする物事には基本的に納期、期限があります。それは最低限しっかり守れるような仕事をしたい(もちろん守れなかった時の対策も練る)。タスクが割り振られた時、自分で諸々試行錯誤して成功したら次に進む。しかしいまの自分の理解の範疇を超えてしまったりしたものについては悩みすぎないほうが良い

 今回、僕は一つの機能実装について約3日ほど悩んでしまった。牛歩並のスピードでしか進まず、抱えていたタスクを終えないと次のタスクに着手できない、そんなタスクに対してここまで時間をかけることはチーム全体の進捗に関わる。従って僕は今回、得意なメンバーにヘルプを要請した。結果、メンバーが上手に動いてくれて期限内に終わらせることができた。本当に感謝だ。つまり何を学んだかって言うと「わからないことはできそうな人に協力要請を出そう」という至ってシンプルなこと。こういう危機管理能力は前職の一人海外出張等で鍛えられた気がする。

 

必要最低限のタスクを考え、優先する

 これも仕事をやる上でアタリマエのこと。メンバー全員がそれなりに機能を実装する力があったため「クローンサイトと同じものをつくる」ということにこだわりすぎた。というのも、この最終課題には予めタスクが割り振られている。しかしその完了定義がとても曖昧な為、どこまでの機能を実装するか、完成度にするかは開発している本人たちに任される。とはいえ「Done is better than Perfect.」まさにこの言葉通り、「完璧」なものより未完成でも「とりあえず一通りできた」ものが評価される。なぜなら完璧でも一通り終わってなかったら「何もできていない」状態と同じだから。一通りできてからこだわった機能を追加した方がリスクと比べて完成度が高いものが速く出来上がるのではないかな。

 つまり、僕らはタスク外の機能まで実装しすぎたのだ。結果的に期限である4週間の内の3週間目で終了したから良いものの、さらにあのままこだわり続けていたら3周目で終わることはできなかったであろう。それを2周目のスプリントレビューで気付き、3周目に反映させた結果…必須機能を含めた+@の実装を終わらせることができた。この学びは大きかった。これはきっと実際の開発現場でもきっと活きることだと信じている。

 ハードウェアのエンジニアをしていたころも、もっとこれを意識したかったな。切羽詰まりすぎてもこだわっていた時期があったことを思い出した。その失敗経験が今にこうやって活かされているのは、とてもありがたい。貴重な経験をさせてくれた前職の環境に感謝。

 

個人的な学び

チーム開発で感じたのは上記になります。そして2,3週目で僕個人が担当したのは

・商品出品ページのマークアップ

・商品出品のサーバーサイドの機能(フォームからDBへの登録)を実装

・商品の削除機能、詳細表示機能のサーバーサイドを実装

・4500項目以上のカテゴリのシードデータ作成、商品に紐付けて登録

ajaxを用いてカテゴリ表示機能を実装。

jqueryを用いたトップページのカテゴリ、プルダウン機能を実装。

 個人的にあまり得意意識が高くなかったajax周りを触れられたのは理解が深まり、自信になった。タスクを自分から率先して挑んで正解だった。しかも自信どころか楽しく感じたのはとても嬉しくて楽しくてajaxjquery好きになった。笑

 

2,3週間の毎日の積み上げ

 ということで前回から載せていなかった毎日の積み上げツイートを最後に紹介、振り返って終わります。「毎日」に穴があるのはご愛嬌。

 

 

 いやはや、 実践現場に比べたらまだまだ未熟なのだろうけど…この2週間でチームメンバー全体や個人的にもとても成長を実感している。もちろんスランプもあったけど、この調子で成長し続けたい!

 この記事が何かしら、誰かの参考になることを祈って…

  ありがとうございました!